昨日、今日、名古屋はとてもいいお天気でした。
ちょうどいいお散歩日和でした。
近所の公園にもたくさんの親子連れが。

そんな公園の横の道を車で通りかかった時、
三輪車を押した親子連れが横断歩道で待っていたので 停止線で止まって 「どうぞ」と。
対向車が来ていたので ちゃんと向こうも止まってくれるといいな、と思ってまだ渡らないでね、って思ってみていたら というのもその親子連れ、お父さんが三輪車を押すためにどうしても下向きに。
(あれってけっこう危ないかも)

でも対向車を待っていたそのとき わたしの右側の対向車線ををビューンと後ろから来た車が猛スピードで通り越して行ったのです。
たくさんの子どもたちもうろちょろしている公園の目の前の道路、信じられないスピードです。
それより さっきの親子が歩き出していたらと、ドキッとしました。
思わず 私はクラクション弱めにならして危ないよ!って。

当然親子連れもびっくりしていました。
対向車もさぞびっくりしたことでしょう。


私が思うに その通り越して行った車は 私が道端で路上駐車出もしたのかとムカッとしながら通り越していったのかな と思うのですが それにしても余裕がなさ過ぎです。
わたしも思わず 横断歩道って歩行者のために止まってあげたらいけないんだったかな??ってかんがえてしまいました。
そういえば最近って横断歩道で止まる車少ないような気がするなぁ。
このあたりだけかな?

それにしても万が一その親子連れが その車にはねられていたら・・・
と思うと わたしのせいで・・・
と思ってしまうことでしょう。


自分にも言えるけど 運転は心の余裕を持って!と言いたいですね。