過去の投稿

October 2010 の投稿一覧です。
カテゴリー: Indonesiaインドネシア
投稿者: matsunari
null

これ、私なんですが 川をカヌーで移動しているみたいですよね?
実はそんなことしていません。
普段、道になっている場所が 連日の雨で(乾期なのに、ことは異常でした)川の水かさが増して 道がなくなり 川のようになってしまっているのです。

レンジャーのおじさん Pak Usupさんのおうちも 床上浸水して引いたばかりの時でした。
IMG_1394.jpg IMG_1399.jpg

この家の前、30-50センチくらいは地面から上げてあるのですが
床上浸水のときは 壁面にある茶色くなった辺りまで水面が来たそうです。

怖かっただろうなぁ、と思ったら ぜんぜん!と。
日本で思う床上浸水って数時間、一晩で 二階くらいまで水が押し寄せて・・・
と思うのですが そういった急激に水が増すのではなく
徐々に増えるようです。
だから対処のしようもあるみたいで。
この辺りとか これとかこことか 棚の上の方に上げて大変だったよ~
とのんびり教えてくれました。

オランウータンを見に来た観光客はカヌーに乗って ガイドさんがひっぱってくれるのでした。ほんの2-30Mですが。

IMG_1407.jpg IMG_1427.jpg

面白かったので 私も乗ってひっぱってもらった。
その後引き返して 自分でカヌー乗ってみた、のが冒頭の写真。
なら最初から自分であるきなさい です。

レンジャーの人たち
IMG_1418.jpg

川の本流だと ワニが居るので恐ろしいけど ここまではやってこないだろうから、
(来ないという確信はないけど、多分、人間襲うようなのはこれない)
なんだか 遊んでしまった。

ここに住んでいるレンジャーの方々は大変です。

でも 家の中からそのまま食器が洗えるとか、魚釣りまでできる!
なんて洪水をちょっと愉しんでもいるようでホッとしました。

さすがにちいさいこどもたちは 町に避難していました。

なぜこんなに・・・と思うくらいに インドネシアでは災害が多発しています。
数年前のスマトラ島の地震と津波がまだ記憶に新しいのに また あったそうです。
ここ数年でも何度も地震はあったようですが。
そして ジャワ島でも 火山の爆発もあり・・・
たくさんの犠牲者がいずれも出ているようです。

スマトラオランウータン見に行きたいな、と思いつつ あの辺り、地震が多いからちょっと落ち着いてから~~ 
と思っていると定期的に大きな地震があります。
そういった地域にはなかなか怖くていけないなぁ なんて思ってしまうのですが、
そういった地域に住んでいる人たちの気持ちはどんなんだろう??

もともとインドネシア、地震や火山が多い地域ではありますが
人口が増えたことや その対策がされていないためにたくさん犠牲者が出てしまいます。
悲しいですね。

今年はジャワ島でもカリマンタン島(ボルネオ)でも洪水も沢山あったそうで。

カリマンタンは地震多発地帯とはちょっと違うようなので そういったこととは無関係、の感じもしますが それでも前回行った時は 飛行機から見たある町は川が氾濫していました。

null null

いろいろと対策が必要です。
何が人間活動によって、何が本当の自然災害なのだろう!?と考えてしまいます。


 ◆犠牲者がこれ以上増えないことを祈っています。





カテゴリー: General 総合
投稿者: matsunari
最近 クマが出没したからといってどんどん殺されていますね。

自分たちが スギやヒノキ等々、使えない森にした挙句 放置しているのに
そこに住めないといって 食べ物を求めて怖々出てくる熊たちをどんどん殺してる日本人が 
ボルネオに行って 森を守れ!オランウータンを殺すな!
なんて どんな顔知って言ったらいいのだろう?? と恥ずかしく思う・・・

他人の土地のことを言う前に自分の土地を と言っている猶予はないのですが
他人のことを言うならせめて自分のこともちゃんとしていないと。と思う。


カテゴリー: 趣味
投稿者: matsunari
最近 あまり出かけていないこともあり・・・
なんとなくやってみたいと前から思っていた、
『生ゴミたい肥』作りにはまっています。

といっても難しいことは全くやっていないのですが。

いろいろネットで調べると難しいこと書いてあるのですが そういうのめんどくさいな~~ 
と思っていて 二の足踏んでいたのですが ベランダを片付けていたら
大き目のふたつきバケツが二つと 腐葉土の残りが出てきたので ようは、生ゴミを腐葉土の中に入れておけば土に戻るのかな。と言うくらいに気楽に バケツの中に腐葉土入れて 生ゴミ入れて かき混ぜて 臭くなるのが嫌だったので さらに腐葉土かけておいたら・・・

すぐに、確か二日くらい後に 入れておいた生ゴミが跡形もなくなっていてびっくり!
そんなにこんなバケツの中で早くなくなるなんて思っていなくって。
そして数日後にはホカホカゆげを立てるくらいに発熱していて
魚なんかそのまま入れても一日で跡形もなくなるくらいに分解されて・・・

思っていた以上のスピードに面白くなり いろいろともう食べないだろう、と言う古い食材を投入したりしても どんどん分解されていき。

生ゴミだけは別にしていたら いかに生ゴミが多いかに気付き・・・
これをゴミとして焼却しなくていいことに すごく気持ちよくなり
毎日バケツをかき混ぜていました。

毎日、オ~~もうなくなってる、なんて思ったり
ああ、これは時間かかるんだ、なんて発見があったり。
新たな発見に楽しいです。

そうこうするうち ウジなんかもわいてしまったのですが
一応ネットして虫除けはしていたのですが そんな簡単なものではなかったようで
すきまから卵が入ったりしていたようで
始めに見たときは ぎょっとしたけど 害はないそうなので
気にしないことにしたら かぶとの幼虫の小さいのみたいに思えて慣れてしまった。
以降、一応はあまり卵が入らないようにはしているので異常発生はしていません。


今更だけど こんなにも 簡単に生ゴミが減らせるのなら 全ての人が生ゴミは燃やさず土に戻せばいいのに~~ どんなに 二酸化炭素排出量が減るか、化学肥料が減るか、等々 いいことずくめのように思えてきました。
ずっと前から たい肥化は勧められてはいても 実際にやっている人ってどれくらい居るんだろ?

やっぱりウジがわいたら嫌だ、っていう人も多いだろうから
生ゴミや落ち葉なんかは行政が集める体制を作って たい肥処理して 還元したらいいのに~
なんでそうしないんだろうね。

大変だからかな。


私も 全ての人にたい肥作りやるといいよ。とはなかなかすすめられないもんなぁ。
でも ちょっと面倒でも ならやってみようかな くらいの人はぜひやってみてくださいませ。
楽しいですよ。

カテゴリー: 写真展のご案内
投稿者: matsunari
『生誕100年記念 ハンス・フィッシャーの世界』見てきました

よかったので お近くの方ぜひ見に行ってみてください。
絵本作家なのですが 私は以前からこの人の描くにわとりとネコの絵がだいすきで 今回も近くでこの展覧会があるのを知り とっても楽しみにしていて やっと今日見に行ってきました。

想像以上に とっても優しい絵ばかりで たくさんあり よかったです♪♪

この人、ほんとににわとり、特に雄鶏が私と一緒ですごく好きで尊敬していたんだろうな~~なんて思ったり、ネコも大好きだし、
周りの動物たちをほんとによく観察してたくさん描いていたんだろうな~
なんて優しくって愛情にあふれているんだろう!
どれもこれも手もとにおいて毎日眺めていたいものばかりでした。
写真好きの方もたまにはこんな絵を見に行ってみたらいかがでしょう?
ぜひぜひ。
見にいけない人は 『こねこのぴっち」「たんじょうび」等、数冊しかありませんが
絵本があります。ぜひ見てみてください。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

null
『こねこのぴっち』より 小さな絵本美術館蔵


『生誕100年記念
ハンス・フィッシャーの世界』


■会  期:平成22年10月2日(土)~11月7日(日)
■主    催:高浜市やきものの里かわら美術館、中日新聞社
■後    援:スイス大使館、愛知県教育委員会、高浜市、高浜市教育委員会、
        高浜市観光協会、NHKプラネット中部、名古屋鉄道株式会社
■協    力:小さな絵本美術館
■観覧時間:午前9時から午後5時まで(観覧券の販売は午後4時30分まで)
        ※10月16日(土)は、鬼みちまつり開催にともない午後8時まで
         (観覧券の販売は午後7時30分まで)
■観 覧 料 :高校生以上600円(480円)、中学生以下無料
        ※( )内は前売り、高浜市内在住者および20名以上の団体料金
         (前売りは10月1日(金)まで実施)
        ※愛知・岐阜・三重・静岡・長野のチケットぴあ、サークルKサンクスでも
        チケットを販売【Pコード764-304】
         (10月1日(金)まで前売り料金、会期中は当日料金)
■休 館 日 :月曜日(10月11日は開館)、10月12日(火)

詳細は http://www.takahama-kawara-museum.com/exhibition/current.htm

カテゴリー: 写真展のご案内
投稿者: matsunari
友人の写真家スギ☆カナさんのキノボリカンガルー写真展が始まりました。
彼女のブログはこちら 
http://blog.livedoor.jp/kanakodog/

HPも新たにアップしたそうなのでのぞいてみてください。
http://www.tree-kangaroo.com/



***************************************************

null


キノボリカンガルーの森をのぞいてみよう!

◇◇◇ 写真展 ~キノボリカンガルーが暮らす森の写真展~ ◇◇◇

スギ☆カナの写真を使ったズーラシア主催の秋の企画展です。
日時:10月23日(土) ~ 11月1日(月)
場所:よこはま動物園ズーラシア ころこロッジ内
TEL:045-959-1000(代表) 詳細はズーラシアホームページにも掲載中

◇◇◇ パプアニューギニアの楽器に触れてみよう ◇◇◇
スギ☆カナと飼育担当者によるワークショップです。来園者(定員20名)に
パプアニューギニアの実際の楽器に触れてもらいます。
日時:10月24日(日) 13:00 ~ 13:30
場所:よこはま動物園ズーラシア ころこロッジ内
定員:20名(事前申し込み)
申し込み方法:当日、入園口(電光掲示板横)にて受付

◇◇◇ スギ☆カナと飼育担当者によるトークショー ◇◇◇
以下のような内容について講演する予定です。
1. 日本におけるキノボリカンガルーの飼育状況
2. カンガルーの生息地・生態について
3. キノボリカンガルーの生息地・生態について
4. PNGでのキノボリカンガルーを取り巻く状況
5. 今後の展望