過去の投稿

May 2010 の投稿一覧です。
カテゴリー: 掲載誌
投稿者: matsunari
最近の掲載誌のご案内です。
細々とですが 写真を使ってもらっています。
ありがたいことです。


珍しいのが、いつものサルではなく 初めてのネコ写真。
null
『わくわくしゃしんえほん⑤ こいぬ・こねこ』(ジャパンセールストップ) ¥788(税込み)
 
といっても 私の写真は ほんの一部、2枚だけの使用です。
血統書犬猫の写真の中 私は私の撮ったのは雑種ネコです。

null 『医療生協の情報誌 COMCOM』 ¥400

去年一年連載し好評だった!!ということで・・・ 
去年に引き続き毎月一回いろいろな動物と珍しくちょっとの文章書いています。
が! 残念ながら 紙面を秋に一新するということで 私の連載もあと数回で終わりの予定です。
サル以外の動物を掲載できて、文章も書ける珍しい機会だったので楽しいです。

null 『プリン5月号』(Gakken) ・ 『よいこのくに5月号』(Gakken)

Gakkenの出している月刊幼児絵本です。
プリンの方では 「おおきくなあれ」という特集で数ページ、
よいこのくにの方では動物の赤ちゃんシリーズの中の見開き一枚で
あいかわらず おサルの子どもたちの写真使ってもらっています。

写真はないのですが 
それと同じような幼児向け月刊えほんで
『ワンダーブック5月号』(世界文化社)
でもサル写真使ってもらっています。

   私のサル写真、春の赤ちゃんが多いのでどうしても春号の使用が多いようです。
  他のシーズンももっと充実させねば!ですね。
  冬、寒いなんていっていられませんね。

null 『どんぐりもりのおきゃくさん』(ひさかたチャイルド)¥1000(税別)

ちょっと前なのでどこかで紹介したかも??なんですが・・・


これは『さるのあかちゃん』と同シリーズ絵本です。
基本的には 写真は飯村茂樹さんという方が撮っているんですが 一部他の写真家の写真を利用していて わたしの写真はサルの数枚です。サルの写真全てが私のではありません。岩合さんの写真やその他の人のもあります。
この本は韓国語バージョンも作られたそうです。



全てどこかで見かけたら パラパラと見てくださいね~。 ♪




カテゴリー: Snow monkey ニホンザル
投稿者: matsunari
私のホームページhttp://www.matsunari.com/ の ギャラリー ニホンザルの冬と温泉
を更新しました。

といっても ちょっと前の写真ばかりなので見たことがあるのばかりかも・・・
でも枚数増えたけど 前より見やすくおおきくなりました。

お暇がある方、見てみてくださいませ。

2008.01.19_01YM3738_yukiko_matsunari.jpg 2007.12.28_GO7T2991_yukiko_matsunari.jpg 2008.01.20_01YM4034_yukiko_matsunari.jpg 2008.02.24_01YM7450_yukiko_matsunari.jpg


投稿者: matsunari
Pan  レンジャーの家の前に干してあったレインコートを見つけ
人から取り上げられるのを恐れて 持ち運んでいるうちに
引きずっているからどんどんボロボロに・・・
そうこうしている内に なんだかひっぱって歩くのが楽しくなったのか
ぐるんぐるんまわったり ひっぱったり 興奮してきて
わけが分からなくなっているところ。

こうなったら 取り上げようとする人は誰も居ません。
取ろうとしたら もっとぐしゃぐしゃになるだけ。


null


あとから その取られた人に Panが盗っていったよ。
って教えてあげたら 『いつものことだよ』って気にしていないフウでした。

オランウータンの居る場所に住む人は大変です。

カテゴリー: 写真展のご案内
投稿者: matsunari
そろそろ名古屋のヒメボタルの時期ですね。
蛍の保護に力を入れている写真家の小原玲さん主催のコンサートがあります。
名古屋の方是非見に行ってみてください
小原さんHP http://www.reiohara.com/blog.html

null
コンサート詳細は以下↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://hotarunodengon.com/hotaru/Top.html  より


「お父さんの写真より全然凄いよ、凄すぎだよ。友達に見せたいよ」小学生の息子は語った。子どもが驚き、人に伝えたいと思う自然が、今の名古屋にはまだ残っている。  ー「ほたるの伝言ー相生山緑地のヒメボタル」より


原田真二(ミュージシャン) 雨谷麻世(ソプラノ歌手)
小原玲(動物写真家) 清水理英子(椙山女学園大学放送文化研究会)
ゲスト:河村たかし名古屋市長
2010年5月27日(木) 18:00 Open 19:00 Start

入場料:前売り 2,500円 当日3,000円  
*中学生以下は前売1,300円 当日1,500円 

「ほたるの伝言—相生山緑地のヒメボタル」が配布されます。

定員:350名 自由席

会場: 名古屋市天白文化小劇場ホール
名古屋市天白区原1丁目301番地 
原ターミナルビル4F 
tel: 052-806-8060


主催:ほたるの伝言実行委員会
共催: NPO法人 ジェントルアース
NPO法人 太陽の会





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チケットのご購入は
http://hotarunodengon.com/hotaru/Ticket.html

前売り 2,500円 (当日 3,000円) 
中学生以下は 前売1,300円 (当日1,500円)

1)チケットを販売している場所(4/23から)
天白文化小劇場 (天白区原1-301 原ターミナルビル4F tel: 052-806-8060)
メルヘンハウス (千種区今池2-3-14 tel:052-733-6481 水曜休 ) 
ベル・イングリッシュ・スクール (天白区天白町野並相生28-208 tel: 052-895-2332)
その他販売先を募集中です。販売して下さるお店の方はこちらまで。

2)E-mail での申し込み
お名前、住所、連絡先電話番号、E-mail をご記入の上、こちらからメールください。
お支払いは返信メールで請求します Paypal によるクレジットカードでの支払いか、銀行振込(三菱東京UFJ銀行)にてお願いします。

3)お電話での申し込み
080-6909-1579 小原にお電話ください。お支払いは銀行振込(三菱東京UFJ銀行)にてお願いします。

振込先銀行口座
三菱東京UFJ銀行 覚王山支店 普通 0023806
ほたるの伝言実行委員会 代表 小原玲

カテゴリー: その他の動物
投稿者: matsunari
2010.03.11__MG_1110_matsunari.jpg


ボルネオのカニクイザルの親子です

ニホンザルと同じマカク属です。
動きや声の出し方なんか似ていて面白いです。
ニホンザルとの外見的一番の違いはしっぽが長い!ってことかな。


カニを採るからカニクイザルと言う名前になったと言うけどわたしは見たことありません。 けど水は怖がらないから場所によっては採るところもあるんでしょうね。




カテゴリー: その他の動物
投稿者: matsunari
2010.03.20__MG_3007_matsunari.jpg



カリマンタンの村にはたくさんのネコがいます

もちろん去勢や避妊手術などもされていない猫たちです
なので どんどん赤ちゃんが生まれます
その割りに増えすぎないである一定の数なのは栄養状態が悪かったり病気があったりするのかな と思うのだけど自由に生活しています
日本の野良猫に感じるもの悲しさはなぜか感じません


カテゴリー: Snow monkey ニホンザル
投稿者: matsunari
これからの時期、地獄谷のおサルたちが温泉に入ってのんびり、っていう光景は見られなくなるのですが そんな中でも こざるたちはプールかのように入って潜ったり抱き合ったりして 温泉の中で遊びます。

水泳嫌いな子どもたちに見せたら 自分も泳いでみたいっていう気持ちにあるかもね。

_7YM2749.jpg _7YM2750.jpg


潜水も得意! けっこう長い間もぐっています。

潜ったまま友達のもとへ行ったり、

_7YM2756.jpg _7YM2775.jpg


大人のサルが泳いでいるのはあまりみたことがないような気がするのだけど
その気になると誰でも泳げるようです。
ニホンザルの身体は泳ぎに適しているのでしょうね。

ちなみにボルネオのテングザルなども いざと言う時には川に飛び込んで移動するのでとても泳ぎが上手です
危険なワニがいるにもかかわらず 移動する時には大きな音を立てて飛び込んで泳いでいきます。 時々子供とかは怖くって群れから取り残されてしまいますが。

2009.12.22__6YM7079_matsunari.jpg


小さくって分かりにくくてすみません。
テングザルのお母さんが小さな子をだっこして泳いでいます




どうしてサルも泳げて人間も泳げるのに オランウータンは泳げないんだろう???