過去の投稿

November 2009 の投稿一覧です。
投稿者: matsunari
もうすぐまたオランウータンに会いに行ってきます

そろそろ気分はオランウータンになっておかないと。
名前なんかもすぐ出てこないかも。
前に行った時の写真もろくに見ていないし ブログにもっともっと紹介したいことがあったのに 二の次三の次ってことしか書けていないのに また次に行ったら書くことたまってしまうなぁ。
現地からアップで来たらいいのに。それはまだしばらくはできないだろうな。携帯さえ使えないから。


でもちょっと写真みていたら またこの子達に会える、ってとっても楽しみ。
どうしてるかな~~
この数ヶ月の間に何頭か赤ちゃんも生まれたみたいだし、男の子でおっきくなって戻ってきた子もいるとか。
 
null 2009.07.23_IMG_6919_matsunari.jpg 
一番会いたいGajahmada



そうそう、岩合さんもオランウータン写真展やるようですね。
東京と大阪だけなのかな?
もうすぐです。
詳細はコチラ↓
オリンパスギャラリーhttp://olympus-imaging.jp/event_campaign/event/photo_exhibition/091203_iwago/

行こうかな、って思ったけど ちょっときついです。
誰か見てきたら教えてください。

この岩合さんが使ってる写真、これも私のお気に入りの子、Gajahmadaです。


地獄谷へ行くとたいてい寄り道してくる場所があります。
といっても撮影ポイントではなく 買い物です。車で行かないとちょっと難しい場所ばかりですが、車の方はぜひ行ってみてください。


一番のお勧めは なんといっても信州中野インターからすぐのJAオランチェ。
ここでは地元の農家の人たち直売の新鮮採りたて野菜がほとんど一袋百円。
季節によって違ったものが並んでいるんだけど それだけに旬のものばかり。
きのこ類など地元の特産品は 特にごっそり入って百円は絶対お勧め。
が!難点は たいてい午前中に行かないといいものがなくなってしまうこと。地元の人たちも買いに行くので 朝一で行ってもいいくらい。地獄谷で遊んだ後だとなくなっちゃうかな~~
でも とっても温まる無料きのこ汁なんていうのもいつもあるので 一度行ってみては。

で、いつも暗くなってから帰る私は残念ながらたいていJAにはよることができないので
次のお勧めの スーパー ツルヤ一本木店 で野菜その他を山ほど購入してきます。
ここは夜8時か9時くらいまでやっていることと 野菜が地元のものを安くおいてあることが多い、地元のもの以外も名古屋で買うより何割か安い。ということで
地獄谷へ行ったらほぼここでしばらく分の野菜を購入してきます。
JAのようになくなってしますことがないので安心です。しかもきのこ類はさすがに充実していて(特にエリンギ!でエノキダケ、しいたけ、その他) 名古屋で買うものよりなぜかとてもおいしく(名古屋でも信州中野産を買ったとしても)日持ちもぜんぜん違うのです!
信州味噌や野沢菜も沢山ありますよ。土産店で買うより断然品揃いも豊富で安いよ。
時間があったらでぜひ寄ってみて下さい。
海外でスーパー行ったときのような 意外なものが沢山売っていたりする発見の楽しさも。

null 国道292号が志賀高原方面と山ノ内町方面へ別れる辺り、夜間瀬橋近くにあります。一本木っていう交差点

ついでに農産物。
国道292号沿い北信州やまのうちっていう道の駅に付随している販売所でもけっこう安くていいものあります。
が、量的にはJAオランチェのほうが圧倒的に多いので JAによる時間がない、場合に行って見るといいかも。
トイレもあるので地獄谷の行き帰りにちょっとよってみて下さい。
ここのレストランのそばも以前に比べたらおいしくなっていました。
てんぷらそばなど、すごくどっさり入ってお値打ち、採算度外視かな、という感じです。食べる場所に迷ったら一度道の駅のそばをどうぞ。食堂風の見た目の割りにおいしいよ。
ついでに売店で私の本も置いてもらっているので見て行ってください。


それから温泉!
温泉のお勧めは
1、深山温泉 わくわくの湯 (¥500)
2、箱山温泉 (¥500)
3、かえでの湯 (¥300)

1のわくわくの湯 は地獄谷の上林温泉側から一番近く泉質が言い、いつもほとんどかしきり状態でのんびりできる。けど露天風呂のみなので最初 お湯にはいるまでが寒い、っていう欠点が。

2の箱山温泉は道の駅からちょっと奥へ行ったほうで遠いのですが 泉質が地獄谷周辺と全く違って 鉄分?が強いのか茶色いお湯。なので温泉に来た気分ばっちり、です。暖まります。けど タオルは茶色くなってしまうので要注意。
付属の食堂でのんびり食事もできます。
定食も数百円程度でお値打ちです。
観光客はほとんどいなくって 連休などで混んでる時でも 地元の人出こむ程度。ということが多い。

3のかえでの湯。湯田中駅のまん前にあるので一番有名。なので混んでることが多い。時間をずらせばいいのですが 駐車場にも入れずと遠くの駐車場まで行かないといけないなんてことも。
泉質も他と比べ、ちょっと劣るかな。多分加水してるのでは?もっともこのあたりの源泉は熱いので仕方がないのですが。
それに値段も安いし。
あと 百円の使用料さえ払えば何時間でも休憩室でコンセントを使わせてもらえるので車生活の人にはありがたい。


って言う感じです。
もちろん他にもたくさんいい日帰り入浴させてもらえる旅館宿などあるのですが わたしはいつも夕方に入りに行くので 宿はそういう時間はいそがしいので 遠慮して 一般的な温泉施設のご紹介です。

ちょっと変わったとこだと 渋温泉の一番上部、地獄谷に近いほうに 温泉寺、信玄かま風呂って言うのがあっておっきなサウナのような蒸し風呂があります。でもここは洗い場がほとんどないので他で温泉に入ってきれいになって 話のねたに行く、位がいいかな。


です。
ほかにもいいところあったら 教えてくださいませ。


最近、掲示板で地獄谷のオスのサルたちの名前をいろいろと書いていますが
ほとんどのかたがわからないと思うので 
とりあえず 基本の地獄谷の現在のナンバー1、トラヨ♂ のご紹介。
もし近々地獄谷に行く計画があったら探してみてください。

2005.11.03_GO7T1240_matsunari.jpg 4年前、ナンバーワンになったばかりの頃。肉付きもよく かっこいいです。
2005年7月からナンバー1です


2005.11.05_GO7T2100_yukiko_matsunari.jpg 2005.11.03_GO7T1266_yukiko_matsunari.jpg 2005年秋

2006.05.08_GO7T5111_yukiko_matsunari.jpg 2006.05.08_GO7T5115_yukiko_matsunari.jpg 2006年春
 
トラヨは他のサルと比べて目の色が青いのです。
きれいな目です。
こんな色の目をした赤ちゃんがいる、って思っていると 成長すると普通の黄色い目になってしまってちょっとがっかりすることがよくあります。
トラヨのような目をした子が増えてくれるといいな なんて思っているのですが  なかなかいません。

2006.05.31_P5310477_matsunari.jpg 2006.06.01_GO7T9408_yukiko_matsunari.jpg 

ナンバーワンをしていると優先的にリンゴがもらえるという特典が。みんなが食べていない時に食べて、ご満悦?
春から毛が生え変わり 夏前にはぼそぼその毛並みになり 体格も細くなり 見違えてしまします。

2006.10.30_GO7T4266_yukiko_matsunari.jpg 2006.10.30_GO7T4412_yukiko_matsunari.jpg 2006.10.30_GO7T4426_yukiko_matsunari.jpg 秋は発情期、また張り切って森を走り回ります

2006.10.30_GO7T4631_yukiko_matsunari.jpg 2006.10.30_GO7T4696_yukiko_matsunari.jpg でも時々休憩

2008.04.18_02YM7984_yukiko_matsunari.jpg 珍しく子供の面倒も見るんです。だっこしたり移動の時背中に乗せてあげたり。 最初ホッカイロ代わりに冬の間だけだっこしてるのかと思ったら 移動の時も面倒見たり 寒いときだけじゃなかったので、どうして面倒見るのか聞いてみたくって仕方ありませんでした。最近はそういう姿見ないかな。

2006.11.27_GO7T5484_yukiko_matsunari.jpg 

去年 それまで二番だったトケイ89に一番の座を奪われ 成り行きで二番をやってきたのですが そのトケイ89が先月死んでしまい、また一番に復帰したのです。

今、そのトラヨの周りは 誰かにいじめられた、とかいざこざがあったときに言いつけて守ってもらえるようにと寄って来るメスでいっぱいのようです。
トラヨが動くとそのメスたちもぞろぞろ動く・・・
面白い光景が見えます。

でも そろそろ発情期も終わり かっこよかったトラヨの体格もしょぼん。ってしてきます。ソロソロ年齢的にも厳しくなっているトラヨ、いつまでナンバーワンでいられるか・・・時間の問題かな。
でも一番の座は奪われても そのまま群れに居残り、隠居爺として子供に優しいおじいちゃん、みたいになってくれるといいなぁと願っています。

2007.08.05_GO7T8007_yukiko_matsunari.jpg 2007.08.05_GO7T8010_yukiko_matsunari.jpg 2007夏

ちなみにトラヨという名前はトグラという母親が1984年に生んだ子という意味です。
トグラの名前からトとラをとって 84の4からヨ 、あわせてトラヨ、です。

70年代まではその年によって身近なもの、とか 植物、海外の地名 などという名前をつけていたのだけど 80年代は 母親からだいたい二文字をとって イチ、二、ミなんていうようにつけたのです。
だからだいたい誰の子で何年に生まれたかが分かるのです。
90年代はまた繰り返すと 分からなくなってしまうし 数も増えたので そのまま母親の名前にプラス年代のした二桁が付いているのです。
それでは何度聞いても覚えられないので 愛称をつけよう、って言うことなのです。

だから今となっては 数字のついていない名前のサルたちはほとんどいなくなってしましました。
代が変わるとどんどんややこしい名前になって行きます。
覚えるの大変です。



・・・
最近、掲示板の写真を見て名前が違ってる、なんて苑のほうから言われたので
ちょっと自信がなくなってきたけど たぶんこれはあっていると思う。 おもう・・・
なんだか まじまじと 見続けていると ますます なんだかわけが分からなくなってきて・・・
見た瞬間に あ、トラヨ、って思う感覚の方が あっている気がするし。
夏と冬で違っても見えるし。

鼻の形は変わらない、という話も聞いたことがあるけど 見る方向で違うし
なにか確実にここを見るといい という判別方法ないかな。





今日はめいっこの七五三でした。
レンタルで着物を借りて、スタジオで写真を撮ってもらって。
スタジオ併設のレンタル衣装やさんなので一枚だけ写真を頼んでおいたのですが
何ポーズも何ポーズも・・・次の人が待っているのに。
本人も普段はおてんばなのに着物を着せられたら緊張からか言葉がしゃべれなくなってしまったかのようにおとなしくなって、撮影中も他の子達と同じようにお上品にしていました。

あれだけ何ポーズもとってもらったら 普通のご両親はさぞかし追加注文するんだろうな~~ とちょっと裏が見えるだけに微妙な気分。最初ッからちゃんとポーズ決めて、と言う感じではなく、とにかく沢山シャッターをいろいろなポーズで押せば後から沢山売れるだろう。と言うのが見えみえ。でもそれを途中で止めることもなく。
でもやっぱり一枚とは言ったけど何枚か購入してしまうのかなぁ・・・

null


スタジオを出たらほとんどいつものおてんば、に戻り、後は着物を破かれないか、それが気がかりに。
お参りも行き、終わった頃には
走り回っていました。

null

この着物セレクトは本人が。私も付いていって口を出していたのですが 本人、母親、おば(私)の意見、好みが合わず、一日で結論が出なかったのですが 結局本人が一番いいというのがいいだろう、ということになり決まりました。嬉しそうだったし、けっこう似合っていたからそれでよかったかな。

おじいちゃんおばあちゃんが次に着物を着るのは成人式かな~とそれまでは待てないかな。とちょっとさびしいことを言っていました。でもそれを目標にがんばって欲しいな。



ちなみに上の小4の兄と二人で写真をとりっこしていました。
もちろんどちらも私のカメラ。
二人とも2-3歳から一眼レフを使っているのですでにほとんど危なっかしいこともなく しっかり構えて構図も考え、上の子にいたってはピントもマニュアルで自分で合わせています。
私と一緒のときだけだから年に数回しか使わないのにね。
子供はすごいね。

null null



こういうことをやらせていると よそのおばちゃんが カメラがカメラがと 心配そうにされますが 未だにうちの子には壊されたことありません。子どもながらに大事なものって分かっているんでしょう。
でもよその子が一緒に遊んでいる時に だれかよその子が貸して!って使っていたときに 戻ってきたカメラが壊れていたことはありました。それはそういう子に使わせた私が悪かった。ちゃんと教えてあげなかったからね。


カテゴリー: 季節の食べ物・話題
投稿者: matsunari
先週の土曜日、地獄谷の近くのリンゴ園へリンゴ狩りにいってきました。
もともと信州中野、山ノ内町、この近辺のりんごは有名なので知ってはいたのですが
最近まではわざわざ買って帰るってこともしませんでした。

数年前に地獄谷の職員の人にその人の友人でリンゴ園をやっている人を教えてもらい、リンゴを食べさせてもらったら そのおいしさに病みつきになってしまったのです。

2009.11.14_IMG_8368_matsunari.jpg 2009.11.14_IMG_8364_matsunari.jpg

この木、これで一本の木なんです。
何年と言っていたか忘れましたが この近辺で一番古い木、だとのことです。
とっても大きい立派なリンゴがなっています。
色は少々まっかっかと言うわけでもないのですが それは古い木になってくるとあまり赤くならないとか。けど味の方は若い木よりもおいしいのだとか。

去年も今年もこの木から採らせてもらいました。
たくさん蜜が入っていておいしいです。
夏くらいからもうすぐリンゴのシーズン、と楽しみにしていたリンゴです。
待っていたのはこの味!っていうお味でした。


2009.11.14_IMG_8375_matsunari.jpg


名古屋のスーパーでも信州中野産のリンゴは売っているのですが やっぱりなぜか味が違う。流通の問題でしょうか?何日か置いておいても見た目はたいして変わらないので あまり急いで流通されないのでしょうか?
暖かい名古屋に持ってくるまでに 味が変わってしまう?のかな?

生鮮食品は生産地で、が基本ですね。

いまがちょうどリンゴフジのシーズン、12月上旬くらいまでだそうです
この時期に地獄谷のほうへ行かれる方、ぜひ買ってみてくださいね。
どこのもおいしいと思いますよ。



帰りの車はたっくさんのりんごで重そうでした~~


今日は ツル割れっていうヘタのところが割れてしまっているのを安くしてもらってきたので それでも味はおいしいのですが 早くに悪くなってしまう と言うことで ジャムを作りました。
今回のはちょっと茶っぽく仕上がったのですが どうしてかな?
作る時によって同じように作っているはずなのに なぜか仕上がりの色が微妙に違うのです。
味的には変わらないからあまり気にしていないのだけど。
柔らかさや、実の形状がどのくらい残っているか、とうとう 同じように作っても その都度 できに差が出てしまいます。
安定させたいのですが。
毎年何度も作っているけど まだまだリンゴジャムつくりのプロにはなれません。





カテゴリー: Snow monkey ニホンザル
投稿者: matsunari
2009.11.14_06YM4949_matsunari.jpg ワグコ91

先日 なにげなく撮った写真ですが 拡大してみたらよくうっつているような気がして。
目の辺りのピントがあってるとこ、100%にした拡大写真です。

2009.11.14_06YM4949_.jpg

目で見るより よく見えますね。

EOS1D markⅢに新しいマクロ100㎜で撮ってます。
新、手振れ補正機能のおかげかな。
技術はどんどん進んでいますね。
肌のきめまでよく見えてしまいますね。
こんな風に撮られたらアップでなくっても耐えられない私です。



カテゴリー: 写真展のご案内
投稿者: matsunari
こんな感じでした

たくさんのお客に来ていただいて よかったです。

今回 全て自分たちでやりたいように好きなようにと 一からはじめ、周りの知り合いのスタッフに 労力を惜しまず たくさんの時間を費やしていただき そして無理いって安く受けていただき いい物を作っていただけたと思います。
ほんとにこんなにいい仲間に囲まれていて幸せですね。



2009.11.15_06YM5059_matsunari.jpg 2009.11.15_06YM5107_matsunari.jpg 2009.11.15_06YM5110_matsunari.jpg 2009.11.15_06YM5138_matsunari.jpg


見に来ていただいた方々、スタッフの方々 本当にありがとうございました。

打ち上げでも 何度も『次は』『来年は』『えっ?来年やるの』みたいな話になっていました。 来年新たに、と言うのはさすがに会場のこともあるので ちょっと大変かと思うけど 近いうちにもっともっと進化させた『音像』をやってもらいたい、って思います。
・・・・今度はああしたい、こうした行っていうイメージがどんどんわいているようです。


その前に今回のアンコールコンサート?みたいなのをどこかの会場でやれないかなぁ。
時間に追われ 宣伝もままならず 全ての知り合いに案内できなかったようなので
もっとたくさんの人に見てもらいたかったぁ
と言うのがちょっと心残りなのです。



カテゴリー: Snow monkey ニホンザル
投稿者: matsunari
トラヤ93ってこんな人でした。
ドーッと張り切って走っていたので 
『あらっ あのかっこいい人は誰?』ちょっと目立っていたら
職員の子が あいつがトラヤ93だよ、って教えてくれました。

多分全部同じ人の写真と思うのですが。
 
2009.11.14_06YM4977_matsunari.JPG 2009.11.14_06YM5000_matsunari.JPG 2009.11.14_06YM4987_matsunari.JPG トラヤ93 


地獄谷のナンバー5です

ちょっと茶系の毛色でした。
この人が台頭してくるといいかも。


ゆきんこの保護者??ってことはおんな子供に優しい人かな?
私の中でこれからの注目株です。



ほんの一時間くらい山ノ内町でリンゴフジのリンゴ狩りついでに チラッと行っただけなので ほとんど見る余裕はなかったのですが
初めて行った友人夫妻でも サルがなんであんなにぞろぞろ歩いてるの??
って言うくらいにメスたちが大勢トラヨの後をくっついて大移動していて面白かったです。

他のオスたちも まだまだ張り切って 真っ赤なおしりを目立たせ
ダダダダ~~~ って走り回っていて かっこよかったですよ。

でもやっぱり 私の中ではすでに一番か!?というクロの周りには誰も取りまきがいなく・・・
こんなんでは今後どうなるやら??って心配に。


15歳前後の血気盛んな子たちが 張り切って いろいろな動きがあるかな?
なんて。
でもそのついでにだれか 出て行ってしまったら寂しいな。
でも それも成長の証、喜んであげないと、かもね。


写真は後日。



地獄谷の山にはいくつかの種類のどんぐりがなっているので
サルたちってどんぐりの好き嫌いがあるのかなぁ??
と言う素朴な疑問?を思いつき 山で拾ってきました。

null


分かりにくいのですが 左が大きいの、真ん中丸いの、右にちょっと小さめの細いの、の三種類があります。
どのどんぐりが何の木になるものか忘れてしまいました。
分かりますか?


苑職員の許可の下 サルたちに いくつかずつまとめて見せてみました。
どれを真っ先に獲るかな、って。

私の考えが浅はかでした。

分かりますよね。

そう、お腹がすいたところへ 食べ物目の前に見せられて 選ぶ余裕などなく
 がさっと全部一掴みに持っていかれました。・・・

考えたみたら当たり前、でした。

2009.10.23_IMG_7312_matsunari.jpg 2009.10.23_IMG_7314_matsunari.jpg

持って行ったのはこの子ではありません。

けど、聞いたところによると この大きくっておいしそうなのはそんなに好きではなく
もっとこの写真にない小さいのの方が好きだということです。
それも見たと思うのだけど 小さくって拾うの大変だから (歩いてる途中にあったから)拾ってこなかったのです。
それじゃあ実験失格ですね。


でも クリやリンゴは ちゃんと虫食いとか傷んでいるのを見分けるのに この小さいどんぐりでもちゃんと見分けてるのかなぁ?





» 続きを読む

カテゴリー: Snow monkey ニホンザル
投稿者: matsunari
地獄谷にあるサルと一緒に温泉に入れるお宿で有名な後楽館、で飼われているミッキー14歳半くらいです。
ゴールデンレトリバーです。

大型犬にしてはけっこう長生きな方になってしまうのかな と思うので
行く度にまだ元気にしてるかな?って気になります。

ミッキー14歳 null リボンしてるけど男の子


後楽館の若旦那に聞いたところ 先日ほんとに危なかったことがあったそうなのですが
復活して元気を取り戻した。
って聞きまた会いに行ってきました。

実はミッキーは私が始めて地獄谷へ行った時すでに後楽館の看板犬で人気者でした。
私が始めて地獄谷へ行ったのが1996年3月、ミッキーはその一年くらい前からいるそうです。
で、地獄谷へ行くたび、後楽館に泊まり、早い夕ご飯を終えると いつもミッキーと遊んでいたのです。
とっても懐かれていました。

最近は節約で車泊などしたり ミッキーが他所に行っていたりですれ違いであまり会わなかったので ちょっとしばらくぶりだったのですが すっごく喜んでくれました♪♪

ちょっと離れたところから ミッキーミッキーって呼んでいたら もう耳も遠くなっていて寝ている時間も長くなっているので寝ているところだったのですが 
パッと起きて 声ですぐに気付いてくれました。
犬って良く覚えていますよね。
も~~う 一回気付くと喜びだしちゃって 子供のときに戻ったかのようにブヒブヒいいながらゴロゴロ転がってお腹見せちゃって 足にも抱きついてくるわで 大変でした。

あんまりに興奮して ぜーぜー言っていて 心臓がちょっと弱っていると聞いていたので 
興奮のしすぎで ぽっくり逝ってしまうのでは・・・なんて思うくらい・・・

ちょっと私が行こうとするそぶりを見せると懇願するようにまだ遊ぼうって言ってきます。
なかなか離れられず 下の写真はそこから見えるサルを撮ったものです。
後楽館の横にはいい木があるのです。

2009.10.24_IMG_7754_matsunari.jpg 2009.10.24_IMG_7759_matsunari.jpg


小さいからわかりにくいけど 両方ともサルが写っています。
左の写真のように見通しのいい木の真ん中あたりでじっと群れがいる方向を見張っています。数分ごとに木の上のほうまで行き木を 『どうだ!どうだ!』 ってわさわさゆすります。オスが自己顕示しているのです。
(すごいね、私も真似してちょっとでもゆすろうってしたけど 木なんてめったなことではわさわさゆすれませんよね、あんなに小さい身体で・・・ 体重なんて私の何分の一だろ?なぜゆすれるの??)

そうこうしているうちに ミッキーもそろそろ諦めがついたようでおとなしくなったので じゃあね、とその場を離れる。
そのときの寂しそうな顔は いつもつらいです。


» 続きを読む

カテゴリー: ペット 
投稿者: matsunari
ミーちゃんとハリーは大人になっても良く遊びます。
二人で飼っていて良かったなぁって思います
ミーちゃん9歳、ハリー4歳、でも遊ぶ時は子どものようなくりくりした目で
二人で追いかけっこしてます
時々私も参加してあげると嬉しそう。

null null


特に夜になると 二人でドドドド~~~ ドドドド~~~~
って走り回ります。
ご近所迷惑です・・・

でも二人とも外に出してあげないので 走る場所がなくメタボでかわいそう。
どこかで思いっきり走れたらいいのに、って思います。


カテゴリー: 季節の食べ物・話題
投稿者: matsunari
また 知人から家庭菜園で作った新鮮野菜をいただきました

前からほし~~い。と言っていたので わざわざ宅急便で送ってくれました。

null

もうすでにいくらか中のもの出してしまってから 
あ、そうそう、写真 と携帯で撮ったのでちょっとすかすかみたいですが
ちょうど良くたくさん入っていました。

根っこがついたままの 水菜、ほうれん草、チンゲンサイ、サニーレタス、まだちっちゃな柔らか春菊・・・
でした。

水菜はスーパーで売っているような水っぽいものではなくしっかりいたいようの光浴びて育った、って感じの栄養ありそうなもの。
春菊はそのままサラダにしていただきましたが 全然アクもしぶみもなくおいしかった。

先日も今年から畑を借りたという姉から
間引き菜、いろいろもらったのですが 売っていない味でいいですね。
ついでに隣の畑のヒトからのおすそ分けのおすそ分け丹精こめた小松菜も。
ほんのり甘かったです。

こうして重ねてもらうと そっか、今はこういう葉物野菜が採れる時期なんだ、
そうだ、私のベランダにもあるな、そういえば、って思います。


私はベランダで ハムスターのチャッピー用に以前はちょこっとだけ育てていたのですが
(と言ってもいろいろな鉢に種をばら撒いておくだけ、チャッピように野菜買わなくっていいからない時に助かったので)
今はそのときの名残の小松菜?かな?が二株。
こんなに寒くなっても何者かが夜な夜な食べに来るようで何が食べてるのかなぁ
とみたくってそのままにしてあるのだけどいまだに発見できず。
落ちれてる糞から見ると 多分 蛾の幼虫かな?
って思うのだけど 昼間には姿がないのです。
どこに行っているんだろうか?
陰に潜んでる?または土の中?

小さな自然の中にも面白いことはたくさん。

null null

やけに薄い緑だけど、これって小松菜かなぁ?陽が当たらないので・・・
ずいぶん前に植えたから忘れてしまった。


こうやって みんなからたくさん無農薬新鮮野菜をいただくと 
『あ~~~ チャッピ~ がいたら フガフガって かぶりつきでおいしそうに食べてくれたのにな~』って。
いつも思います。

null




カテゴリー: General 総合
投稿者: matsunari
ついに 私の周りで新型インフルエンザらしき人が出ました
近所に住む小学校4年生の甥っ子です。
今日、起きたら突然38.3℃の熱があり 病院に行ったら
発熱から12時間以内は調べられない、と言われたそうなのですが
前に来ていた子も多分そうだし、そうでしょう。
って言われたって。

夕方になって 39℃以上にもなったらしい。

ちょっと下がっても太ももが痙攣していたり 壁が緑に見えるとか言ってるらしい。

怖いねぇ。

私は未だかつて39℃以上の熱って覚えがないからどんなものか想像がつかない。
新型インフルエンザって 多くの人は重症化しないからあわてて病院に行く必要なし、
なんていわれてるけど どの程度が重症?って分からないなぁ
よく熱出す人だったら38℃でもちょっとした熱、位に思うだろうけど 
私みたいにめったに熱出さない人だとびっくりするし・・・

先日ボルネオで風邪引いたのだけど 確実に行きの香港乗換えのほんの数時間、
それも人ごみを避けていたから荷物検査の時の数10分間に移されたって思うのだけど
その風邪がけっこう強力でボルネオ行ってから 一緒の船の人3人に移していたのだけど(ほとんど仕切りのない換気どころか外の生活にもかかわらず)
その強力感染力を考えると
ひょっとしたら あれば新型インフルエンザだったの???
なんて思うのだけど、違うかな?

とくに多くの人は重症化せず軽くおわる、
って言われるとそうなのかな?って思う。
軽くってどの程度??

知識不足なのですが いったんかかったらもうかからない?

だったら私は甥っ子の近くに行っても大丈夫??ってこと?


とりあえず 来週 この愛知の感染率ピークか といった時期に塚本のスライドコンサートがあるので そのときの対策はどうしようか。。。
って感じです。
ちゃんと
開催できるのかな?
ちょーっとだけ不安です。



地獄谷のオスのトップのトケイ89(変なのですが地獄谷ではトケイってお母さんから1989年に生まれた子をこう呼んでいます)が先週土曜日にお腹の辺りを怪我したようでそこからばい菌が入ったのか日曜日から調子悪くそれでも歩いてはいたのに5日の午後から様態が急変し夜が山場か?っていう連絡が。

それで夜もどうしてるかな?寒さの中どこにいるんだろ?って考えながら 元気になって。思っていました。
今朝起きた時も どうなったかな?
と とりあえず写っているわけないのにライブカメラチェック。写っていなく。

すると昨日メールくれた職員の子から 今朝なんとか生きてましたよ。
ってメールが。そっか~とホッとしたものの 
ぎりぎりの状態とか
群れが山に帰っていくのについて行けずにそのまま苑内の昨日の場所あたりにいたとか。
リンゴあげても もう食べる気力もない。
って話から かなり悪いのが手に取るように。

どうにも気になるので写真送ってもらったら 
(ずうずうしい私ですね、むこうは お仕事中なのに)
こんな あ~~もうだめだ、、、って思うような表情。

null 20091106100319.jpg 20091106100300.jpg


左の写真どこにいるか分かりますか?
赤い柱の右側。じっとしています。
光がないせいもあるかもだけど ほんとに顔色が悪いのわかりますね。
つらそう。
きっともう意識も朦朧としているんでしょうね。


この表情を見て なんだか自分の中で覚悟が決まり、
その後いつメール連絡が来るか持っていました。
多分 そのときには誰かがメールくれるかな、っておもって。
一日なんだか落ち着かなかったです。

そしてついに3時過ぎ。その連絡が来ました。
ついに死んでしまったよ。
って。
2時過ぎまでがんばっていたそうです。
でもこれはもう回復の見込みがないと思ったので むしろ長引いたら寒いのにも耐えないといけないのでかわいそう、くらいに感じてしまいました。

20歳でしたね

彼はたくさん子孫残してるはずです。
外のほかのメス探しに行きたいと思ったことはなかったのかな?

短い間だったけど 一番のお勤めご苦労さん、です。


2009.10.24_06YM4244_matsunari.jpg 2009.10.24_06YM4306_matsunari.jpg2009.10.24_06YM4428_matsunari.jpg 2009.10.24_06YM4430_matsunari.jpg 2009.10.24_IMG_7547_matsunari.jpg 2009.10.24_IMG_7822_matsunari.jpg 2009.10.24_IMG_7942_matsunari.jpg 先月撮影したトケイ89です


どれが トケイ89か分かりますよね?


みんなが頼りにしていたなぁ。

この前も山で彼の周りにみんながくつろいでいる写真を撮ったような気がするんだけど ちょっと見当たらなかった。
もっと真剣に撮っておけば良かったな。


こんな風に 現役の上位のオスが急に死ぬってことは少ないので 印象的な出来事でした。 
通常知らないうちに プイッと群れを出てしまって 後からあいついなくなったよ。くらいな報告を聞くくらいなので。
(基本的にオスは大人になると生まれ育った群れを出るのです)


一番がいなくなってしまったので 気になるのは今後の勢力図。
当面 以前一番をやっていた トラヨが自動的になるのでしょうけど もういいお年なのでそう長くは続かないでしょう。
いままで トケイ89を頼りにしていたメスたちはどこへ行くのでしょう?
みんながトラヨを頼りにしたら 彼には仕切りきれないような気がするのだけど・・・
その下の面々はまだまだ頼りなく・・・
どうなるのでしょうね。





» 続きを読む

カテゴリー: Manatees マナティ
投稿者: matsunari
マナティと一緒に泳いでいる楽しい夢を見てしまいました。
目が覚めたら夢だったのでがっかりしてしまいました。
マナティと一緒に泳いでいる夢を見るのは覚えているだけでも3回目、いつも夢の中でほんとに幸せな気分です。

2006.11.12_IMG_6458_yukiko_matsunari.jpg


こんな夢はサルやオランウータンでは見ないんだけど 私ってマナティが一番好きなのかな???ってもおもう。
ほんとにかわいいんです。
何がかわいいって見ず知らずの私とも真剣に一緒に遊んでくれるし、楽しんでくれるんです。
一般的に野生動物と人間って遊ぶって難しいでしょ?それがマナティは興奮して息継ぎさえ ブファア~~!って思いっきりやらなきゃいけないくらいに遊んでくれるし 寄って来てくれるんです。 

全身から優しさオ~ラを感じる動物です。

2004.11.15_CRW_5330_yukiko_matsunari.jpg 2004.11.13_CRW_5026_yukiko_matsunari.jpg



なぜこの季節かと言うと マナティが川にやってくるようになるのが寒くなってからなので 11月頃からたくさんやってくると言うので毎年11月のはじめのこの頃に行っていたのです。
ここ数年はオランウータンをまとめて見に行きたいと思ってマナティに行くのを我慢していたのだけど 我慢がいけなかったな、何度もマナティと遊ぶ夢を見るなんて・・・
マナティのこと考えるとどきどきしてしまいます。
サルやオランウータン、そんなことないなぁ。
オランウータンはちょっとそう思うかも。
サルはいつでも会えるって気がするからかな?

マナティ。会いたいよ○○○


ホームページのギャラリーの写真ちょっと暗めになってしまった。
ので ちょっとかわいくなく見えるかも??
おまけに写真も前にギャラリーで載せていたものが多いかも・・・
そのうち更新します。 たぶん・・・

http://www.matsunari.com/



トケイ89とは今の地獄谷のサルたちのナンバー1です。
野猿公苑のブログhttp://blog.livedoor.jp/cpiblog00543/ 
に先日からkのトケイ89が調子悪いって話が載っていたので毎日気になって仕方なく
今日もブログに様子が載っているかと気にして見ていたのですが載っていないので気になって職員の子にメールして聞いてみました。
『午前中は大丈夫だったんだけど 午後から様態が急変して今夜が山場かな』
なんていうもっと心配になる返事が。
それ以外詳細もなく・・・

寒さが身にしみます。
明日になったらまた元気な姿を見せてくれることを祈っています。


89^2007.11.10_1MAT4016_matsunari.jpg 二年前のトケイ89 


2009.10.25_IMG_8220_matsunari.jpg 2009.10.25_IMG_8221_matsunari.jpg 2009.10.25_IMG_8223_matsunari.jpg 2009.10.25_IMG_8226_matsunari.jpg 2009.10.25_IMG_8228_matsunari.jpg

サルたちが山を移動中、ちょっとした尾根のところでサルたちが通り過ぎるのを見ていたら ふと横を見るとトラミも同じく立ち止まってあたりを見渡していました。
自分の子供を見失ってしまったのかな?
うちの子はどこへ行ったの?
ってちょっと心配そうに 来た方向をじっと見つめたりみんなが行ってしまった先を見つめたり・・・きょろきょろしていました。

しばらく待っていたのだけど群れはどんどん行ってしまうので あきらめて行ってしまいました。
『きっとちゃんと自分で付いてきているわ、』とでも思ったのかな?

付いて来ていなくって後からどこにも見当たらなかったらどうするんだろ?
って思ってしまったけど、大丈夫なんでしょうね。

でもサルってこういうときでも他の動物がするように声出して自分の子を呼ぶってしないなぁ、と。
サルたちは目で確認しているのかな?

いつも思うのがこんなにも多くの群れがどうやってその日の移動先を知るんだろう?って。
先にいった人が必ずしも行き先を決めているわけではないし。
お互いを目で確認しているとかって言うけど そんなにみんな見えるような距離にいないようにも思うし・・・
行方不明になったらどうするんだろ?

ボルネオのテングザルなんかだと 川を渡ったりすることがあるので群れの移動に付いて行けずに取り残されてしまってひとりで生活しているようなまだ大人になっていないような子もみかけるのだけど ニホンザルの場合そういうの見ないなぁと。

いろいろと不思議です。


今朝(3日)の野猿公苑

null
地獄谷野猿公苑ライブカメラよりhttp://www.jigokudani-yaenkoen.co.jp/livecam/monkey/index.htm

今朝 まだ雪降ってるかなと思ってみたら 真っ白でしたね。
この時期にこんなに降るなんて さるも工事の人もびっくりかな。と。
野猿公苑の前の崖の工事を去年からしているのだけど 去年、雪が降ったからと早々に足場をはずして工事をやめてしまったそうで その後余り雪が降らなく足場さえはずさなければ去年のうちに終わったかも?なんていう話をしていたので 今年も一から足場を組んでモノレールのレール作って・・・と先日まだ工事していたので 今年は終わるのかな?って思ったのだけどまた途中でやめてしまうのかな?
確かに雪が降ったら足場があんなところにあったら危なさそう。
雪の多い地域の工事は大変ですね。
毎年工事に入るまでの準備に時間がかかって何の工事をしているか分からない??
お金もかかるだろうし、早く仕上げて欲しいものです。

この写真、雪だ***って思って見ていたのだけど どうもこのうしろ姿見覚えが。
知り合いのようです。
このライブカメラ、家からでもサルたちが見れて嬉しいのだけど
写ってしまう方にはとっても気になる。
この前でなかなかこっちを向けないよね。

カテゴリー: Snow monkey ニホンザル
投稿者: matsunari
地獄谷でサルを探す時 いろいろなヒントを頼りにサル捜しをします。
あの一帯には他のサルの群れはないそうなので サルの残していったものがあれば野猿公苑にやってくるサルの群れと考えてほぼ間違いがないようです。
と言っても ちょっとややこしいのがハナレザルと言われるオスのサルたちはよそからでもたまにやってくるのでだまされないようにしないと、です。

こんなのがあります

2009.10.25_IMG_8101_matsunari.jpg 2009.10.25_IMG_8087_matsunari.jpg

だいぶ離れたところに林道があります。
めったに車も通らないので動物たちもよく利用しているのでしょう。
手入れのされていないアスファルトの道路の上に落ちていました。
まだ新しそうなうんことおしっこ。
いくつもありました。
乾き方からいってまだ近くにいるはず。
数からいっていつものサルたちの群れのもの。
なんて考えて探します。

見当をつけた方向へすすむと谷底からサルたちのけんかする声が聞こえてきました。
秋はオスが自己顕示するガッガッと声が遠くからもよく聞こえるのでそれだと群れではなくハナレザルってこともあるので注意が必要。
といってもハナレザルもたいてい群れのいる辺りで叫んでいることが多いのであたっていることが多いのですが。

ちょっと歩くと
2009.10.25_IMG_8096_matsunari.jpg 2009.10.25_IMG_8098_matsunari.jpg
分かりにくいのですが 食べ散らかしたやまぶどうの食べかす、山盛り。
う~~ん ちょっと前に来たらサルたちが大喜びしてやまぶどうをみんなで食べている姿が見れたのに!ってとっても残念。
来年こそここへ来て撮影するぞ、って思うも 2-3日前にサルたちがここに来たときは気の葉っぱもあったしぜんぜん様子が違った、と。と言うことはその日にはそんなに食べなかったのに今日は丸裸になるくらいに食べてしまったのかぁ。とその2-3日でなにが変わったのか分からないけど、やっぱり一番おいしい時に食べるのかな?
そう思うと一年のうちにほんの一日しかないのかぁ・・・ほんとにワンチャンス難しいね。

こんなのも転がっていました。
2009.10.25_IMG_8123_matsunari.jpg
モグラです。
私は生きているモグラって未だかつて見たことがないのです。
こうして死んでしまったのはなんどか見たことがあるのでそこそこ棲息しているんだと思うのだけど 生きているうちに見たいなぁ。でも難しいよね。

その姿がちょっとハムスターに似ていたのでひょっとして車が来て轢かれてしまったらかわいそう、と脇に。
ひょっとしたらさっきサルたちがおもちゃにしていたかも??

ここはたまたま林道だったけども普段はやぶやぶで撮影どころではありません。

null
こういうクマザサがあるところは千メーター越えているそうですね。
野猿公苑周辺にはないのだけど。
上がってきたなぁって気がします。ちょっと回りの景色も変わります。

今、野猿公苑ライブカメラ見たら 初雪!ですね。
多分。
さむそ  *。*。*。*。*。*。

null
地獄谷野猿公苑ライブカメラよりhttp://www.jigokudani-yaenkoen.co.jp/livecam/monkey/index.htm

今日はサルたち なかなか温泉から出れないね~

ちゃんと山に帰んなさいよ。ってとこかな。
今日は近場で寝るんでしょうね。


・・・・・タイヤ スタッドレスに変えなきゃね。



カテゴリー: Snow monkey ニホンザル
投稿者: matsunari
先日の地獄谷の山歩きの時 朝、山に上がっていったら 先に来ていた写真家のIさんご夫婦が ちょうど少し登ったところをサルたちを探してきたけど こっちにはいなかった、と言うので じゃあ、あっちへ。とご一緒させていただいた。

2009.10.22_IMG_7101_matsunari.jpg

その日もサルの捜索難航し 後からやってきた職員含めみんなで探したけれどもなかなか見つからず、そんな時に限って山はいいお天気で紅葉がきれいで・・・
あっちの方じゃないかこっちの方じゃないかと 無線で連絡しつつ 振り回されているうちに 太陽もてっぺんの方まで上がってしまい・・・

でもそのおかげで Iさんの奥様と普段めったにお話しする機会がないのに 話すことができたので嬉しかったです。
世界各地の動物たちを見てきている、奥様、何の動物が一番好きですか?って聞いたら オランウータン、って答えてくれました。
なんだか嬉しかったです。
そう、やはり オランウータンは魅力ある動物なのです。
特に 私が思うに サル系の動物って女の人が好きになる率が多いように思う。研究者も特に類人猿、女性が多いですよね。
それより お話していて あーこの人ほんとに動物好きだな、って思えたので嬉しかったです。
なかなか 動物がほんとに好きって感じる人って少ないですもんね。
ちょっと楽しい山歩きでした。


2009.10.23_06YM3677_matsunari.jpg

その後 職員の人たちが遠くの方からサルたち呼んできてくれて 私たちは通り過ぎそうな場所で待機。
やってきた!
って思ったら も~~みんな一目散に野猿公苑方面へ下っていってしまいます。
私は 足元も悪いので なかなかいい場所へ行けず どの子をどこでねらったらいいかと右往左往している間に サルたちはどんどん行ってしまいます。

そんななか、 あ~~~さすがIさん、 サルたちの群れがIさんのいる場所目指してだーって降りていくのです。
あそこにいたらさぞいいのが撮れるだろうなぁ。
って見とれていました。
みんなが言う Iさんは引きが強い。って言うのはこういうことを言うのかな、と。
神様も味方かな。なんて思ってしまいました。
もちろん それを同じく上から見ていた苑社長とも後から言っていたのですが
そういうことだけじゃなく どこをサルが通るか、ちゃんと見て予想しているんだ!
と。
そうだよな~
私みたいに動きに迷いがないみたいに見えるなぁ。と。
私は長く通っているように見えて まだまだ何も分かっていません、。
最近 いろいろまだまだ と思うので もっともっと通って知りたい。と思うようになりました。
これからです。

2009.10.23_IMG_7158_matsunari.jpg


結局半日振り回されてほんの一瞬でサルたちは行ってしまいました。

でも山歩きは楽しいです。



カテゴリー: Snow monkey ニホンザル
投稿者: matsunari
サルたちがおそらく遠くまで行っているのじゃないかとの予想の日 職員の人たちよりも早くにサルを見つけ山でのんびりとしているサルたちを撮りたいと朝早くに出かけるも 結局 途中でなんとなく声が遠くで聞こえた、と言うのを確認し なんとか近くへ、と思っているうちに 職員から 「サルいた?」って無線が。
もう職員の人たちがサル探しに行く時間です。
その声が聞こえた方向も 到底私一人では探しようもない広範囲の場所。
職員に無線でこの辺り、と報告し なんとかせっせと慣れない山道を歩きやすいところを捜しよじ登ったりしていると 間もなく職員二人に追いつかれてしまい あとはお任せ。
やっぱり道なき道に見えても慣れている人は歩きやすい道がよく分かるもの、私みたいに闇雲によじ登ったり下ったりするだけでは体力を消耗するばかり。

職員の人たちの歩いた道を真似して歩くとなんと楽なことか。
こうやってどこが歩きやすいか、は まさにノートレ。
頭も使い身体も使い、健康にいいねぇ。

そこまで 一人でいるときは藪でがさがさって音がするとさりげなくその場を離れ ずっと握り締めていたくまよけスプレーを向きに間違いがないことを再確認し ストッパーもはずし ちょっと気分が落ち着いたところで よくよく考えると あのがさがさはそんなに大きくない動物、って分かる。
鳥か?ウリ坊か? 一頭ではなく何頭かいたな、なんて考えながら・・・
あれはクマではない!って確信すると急に強気になり 何だろう、と確認せずにはいられなくなり また戻り 見に行く。
すると やっぱりヤマドリ?(ちょっと小さくも見えたのだけど)が何羽か一緒にいたみたいで。姿はほんの一瞬見えただけなのだけど、な~~んだ。とバカらしくなる。
う~~ん クマはすごい。
この山にいると思うだけで 私の足の歩みをこんなにもおそくするんだから。
自分が先に進みたいのか後戻りしたいのかさえわからなくなってしまったり。

実はその前の日にも近辺で まだ新しそうな クマのうんこを見ているのです。
やっぱりクマはこわい。

職員と合流した後にこんなの発見。

2009.10.25_IMG_8069_matsunari.jpg

クマ棚です。
下にはクマだな作る時に折った木の枝がいくつも。
二つ並んでるってことは親子なのかな??
前に出会った クマ親子かな?
だとするとなんだか嬉しい。
まだちゃんと生きていてくれて ここに住んでいたの?って。
ん? でもちょっと間ってよ、あれって何年前?二年くらいになるかな?とすると仔くまもすでにけっこう大きいのかな?
なんて考える。

2009.10.25_IMG_8136_matsunari.jpg

くまの うんこ。
こんなのがいくつもある山なんですよ。
こわいよね~~。

わたしはいつも 怖い怖い と思ってしまうとどうしようもなくなるので 
カーブなんかの先に行く時 尾根の上に上がる時 薮薮のあたりを行く時 
などなど 特にどんよりした天気や 雨の音がするとき なんかは熊も人も お互いの発見が遅れると思うから どんどんとわざと 音をたてて歩いてみたり 笛を吹いたり して せめてもの 気休めに。
傍から誰か見ていたら 笑えるだろうな~~と思う。

2009.10.23_06YM3701_matsunari.jpg

こんなのんびりさるに会えると そんな気分吹っ飛ぶんだけどね。



カテゴリー: Snow monkey ニホンザル
投稿者: matsunari
2009.10.23_06YM3771_matsunari.jpg 

ちょうど紅葉が下まで降りてきた、と言った感じでいい時期でした。
けど 紅葉自体はなんだかちょっと枯れたようなあまりいい紅葉ではありませんでした。

2009.10.23_06YM3680_matsunari.jpg 2009.10.24_IMG_7630_matsunari.jpg

オスサルたちは張り切って山を歩きまわっています。
この時期のオスたちはとってもかっこいいです。
見違えてしまいます
もうボケてるんじゃないか、とまで言われていた25歳のトラヨ(二番)でさえまだまだいける、って感じでした。

2009.10.24_IMG_7931_matsunari.jpg 2009.10.25_06YM4642_matsunari.jpg
こんな風に オスは気に入った(発情してる)メスのそばからずっと離れずくっついています。
何日間かくっついていたらまたそのうち違ったメスにくっついているそうです。

そんなオスを嫌がって逃げ回っている子も・・・
2009.10.24_IMG_7816_matsunari.jpg
メスでもこんな顔になってしまって・・・
不憫な。
一番もかなりくっついている子から逃げられていました。
メスが逃げると 群れの動きが定まらず 朝なかなか野猿公苑までやってこないことも。

そうなると職員が総出で捜索です。
まさにサルに振り回されて、大変。
私もちょっとだけ参加してきました。

特にお天気がいいと 朝早くに陽のあたる山の上のほうの斜面に行ってしまいます。
まだ山になんがかんだ食べるものがあるので 寒い谷底にある野猿公苑は魅力がないのでしょう。